〈気〉とのお付き合い

  • 2019.04.14 Sunday
  • 16:06

 今年の鶯は、霧芯館のすぐそばに来て美声を響かせてくれています。

 年によっては、近くの里山の木々の中から出てきてくれなかったり、うまく鳴けないで「練習中」のままひと夏を過ごしてしまったりするのですが、今年は折々、間近な声を聞くことができてうっとりします。この辺りの〈気〉が良いのだろう、と、ほっとした想いもいたします。

 

〈気持ち〉と言いますと、自分の中に湧く感情のことで、それをどうこうするのは難しいと感じますが、〈気〉の持ちよう、と言ったとたん、感情とは別の、自分の内と外を出入りするなにものかとのお付き合いが視野に入ってまいります。

「運気を上げる」「気合で勝つ」「気おくれ」「気配り」「元気」「気づき」「殺気」「気風」「気位が高い」「和気藹々」「気高さ」「香気」「気性」「血気にはやる」「気配」「雰囲気」等々、挙げればきりのないほど、私たちは〈気〉とお付き合いをしているわけです。

 人と対面するときも、相手の〈気〉というもののニュアンスを、私たちは感じ取ったり、推し測ったりしています。初めての町や集団に接するときもそうですし、慣れた場所の〈気〉の変化を察知したりもしています。動物や植物に対しても、自然の風景に対しても、合理的なチェックポイントを踏まえつつも、総体として〈気〉がどういう状態なのか、こちらに対してどんなメッセージを発しているのか、察知しながら生きています。察知するだけではなく、〈気〉のやり取りも実は、頻繁に行なっています。当たり前のように「元気をもらいました」などと使うように。

 

 おそらく鶯は、〈気〉の察知において、かなり繊細なのでしょう。

 今年の美声の若々しい艶からは、彼の察知した世界の〈気〉の、初々しさ、華やかさ、無邪気さ、よい意味での貪欲さ、のようなものが伝わってきます。

 

 私の撮影した写真からも、この春の〈気〉のあり様をみずみずしく感じ取っていただけるなら、なによりの歓びです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

JUGEMテーマ:写真

他人とは思われない風景

  • 2019.02.27 Wednesday
  • 18:23

 

 このあした春はじめての霧を吸ひやはらかな思ひとなりて歩けり   前川佐美雄

 

 先日の明け方、ちょうどこの歌のような風景が窓の外に広がっておりました。

 

 

 

 そういえばこの頃、霧の中で自分の輪郭をほどくような時間を過ごせていないなと気づかされ、忘れ物を受け取りに、霧の中深く歩み入りたいような衝動をおぼえました。

 

 風景には、いつもなにかしら過去や未来からのメッセージが既視感として含まれているようにおもわれます。その風景の中に、自分の欠片(かけら)が散りばめられている、と感じるような、どこか懐かしく、しかも絶対的に新鮮である、という瞬間。人との出会いならば「他人とは思われない」という感覚を呼び起こす瞬間があるように、風景にも、「他人とは思われない風景」というものがあるのです。

 それは、必ずしも幸福な感触とばかり結びついているとは言えないもので、初めて世界との断絶を魂に刻まれた瞬間の記憶や、闇の底をさまようような胸苦しい混沌や、喪失や、他者との疎隔や、まさに今現在の生き難さを想起させることもあるのですが、そのような痛みとともに、鮮やかな修復や蘇生がもれなくまとわりついているような。一粒の涙の中に、喜怒哀楽が美しいコラージュとなってきらめいているような。

 風景に、そのような自分の欠片としての涙が散らばっている姿は、曇り空であろうと霧の中であろうと闇夜であろうと、きらめきを帯びています。

 そのきらめきの手触りによって、風景は、私の心身が世界から断片として孤立しないように守ってくれているのでしょうか。

 

 前川佐美雄(1903−1990)という歌人も険しい人で、昭和五年刊行の『植物祭』という歌集には、己れの病理やストレスを「短歌」という器に盛りながらまじまじと凝視するような、端正ながら鋭利な批評意識の横溢する歌がみっしりと詰め込まれています。

 冒頭の一首においても、「霧」を吸うことでかろうじて「やはらかな思ひ」となった彼の内には、自他や世界へのひりついた対立感が暴れ出しそうだったことでしょう。昭和初年という時代の、個々人が無意味な断片へと追い詰められてゆき、カオスを求めて暴走しそうな空気が、とても現在的に顕ち上がっている歌集です。

 

 一人ひとりが無意味な断片のような場所に追いやられてゆく時代において、あくまで「一人ひとり」が、どのようにこの世界と絆をとり結べばよいのか。

〈現在〉のさまざまな課題が、いつもこの一点に集約されてゆくのを感じます。

 断片としての明晰な輪郭を、その輪郭を保つ強固な自我を、機能的で効率のよい関係を、身体を、ライフイメージを、目標を、能力を、結果を、価値を。そこで求められる明晰さの底浅くてもろいこと。

 常に輪郭の明晰さを要求する不可視の圧力は、得たいの知れない〈闇〉の暴発を封じ込めようとするかのごとくですが、その強迫的な明晰さこそが、大規模なストレスのカオスの醸成源でもある。そういう圧力と暴発とのあやうい葛藤の強まりを、世相から感じることが多くなりました。

 しかし、〈時代〉の流れが圧倒的に見えるときほど、実は、一人ひとりのまなざしが効力を発揮するときなのではないかと、思われてなりません。

 ものごとの本質というものは、いつも逆説を孕んでいますから。

 

 明晰な輪郭を浅はかでなく顕ち上げられる存在は、たっぷりと霧を吸って育ったのだと。少なくとも私の欠片の潜む風景は、そんな逆説をきちんと伝えてくれているようにおもわれます。

 

 

〈いのち〉の匂い

  • 2019.01.28 Monday
  • 11:55

 

 例年、新年の抱負などは特に考えないのですが、自身の体調管理が切実な年頃ともなると、今年は3つ、肝に銘じようと思いました。

 

 よい姿勢をキープ。

 深い呼吸。

 よく噛んでゆっくり食べる。

 

 なんだか小学生に言い聞かせるような内容ですが、実践するとなると難しいものばかり。

 パソコンやスマホとにらめっこする時間が多くて、肩は丸まり、気がつけば眼精疲労の蓄積と猫背気味。

 姿勢が崩れると呼吸も浅くなりがち。

 せわしない気分でせわしない食事時間となり、味わう気持ちはどこへやら。

 悪循環の無限ループは恐ろしいですので、よい循環へと転換したいものです。

 

 KJ法の世界観に置き換えるなら。

 よい姿勢をキープすることは、この世界を〈志〉があるものとして感受する、その姿勢を忘るべからず、ということに。

 深い呼吸は、こちらの〈我〉で世界を仕切ろうとするのではなく、己れを空しくして渾沌との全身的な深いやりとりを実践すべし、ということに。

 よく噛んでゆっくり食べることは、上記2点をベースにして、渾沌が構造化されるプロセスと結果を深く味わうべし、ということに。

 渾沌は恐怖の対象ではなくなり、己れを生かしめてくれるものとして、「身になる」はず。

 

 KJ法についてなら、いつも偉そうにのたもうていることですが、己れの心身の基本が崩れがちな今日この頃。

 この場で公開することで、一年間、健やかに過ごすためのモチベーションをキープしたいですし、自身からも他者からも世界全体からも、あたたかな〈いのち〉の匂いを感じられる一年にしたいと切に願います。

 

 

 

JUGEMテーマ:日記・一般

京の秋2018

  • 2018.11.28 Wednesday
  • 16:54

 

 今月は写真のみ更新です。

 なかなかおちついて写真を撮る時間がありませんが、少しだけ、風景にしゅわっと潤った感覚をお伝えできればさいわいです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

JUGEMテーマ:写真

 

 

〈水〉の風景

  • 2018.06.29 Friday
  • 12:34

 

 気がつくと〈水〉を撮っている自分がいます。

 

 

 暑さのせいばかりではなく、根深い精神病理を垣間見せる事件の数々や、災害とそれに伴って蔓延する不条理感、煽られる不安と虚無、そういった混沌の相貌に、惑乱させられたくないと望む、身体の防御本能かもしれません。

 ことに、稲が育つ姿が美しく感じられて、今年はついついカメラを向けています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 田の面に映り込んだ山や空や稲によって織り成される風景は、光なのか影なのか、空気なのか水なのか、世界なのか私なのか、どこか混沌としていながら、不思議な落ち着きを湛えています。

 混沌や気が遠くなるほど長いスパンにおける循環や巨大な転換といった〈振幅〉は、有限な個としての生を生きる私たちにとって、その〈意味〉を測りがたい手ごわさを抱えています。不条理に直面したとき、その〈意味〉がいつまでたっても見出せない極北の風景にたたき込まれる恐怖は、筆舌に尽くしがたいものがあります。

 しかし、〈救い〉は、私たちの身体そのものに精妙に刷り込まれて存在していて、壮大な〈振幅〉は外部にのみあるのではなく、私たち自身が、実はその全ての〈振幅〉を自ら認識し把握することなど不可能なほど壮大な存在なのだということを、少しだけ思い出すことができる。そんな契機を、無意識に招き寄せるように、生きているのだと思います。それが、〈生かされている〉ということの姿なのかとおもわれます。〈生かされている〉という認識の先に、〈意味〉がたぐり寄せられる。不条理が後景に退く。

〈風景〉も、私たちの外部にあるのではなく、私たちの内なる壮大さの鱗のようなものが映し込まれて、そこに存在するのだと感じられるとき、風景の背後にある気が遠くなるような〈振幅〉の鱗もまた、私たちの内にきらめいて、その〈振幅〉との確かな絆を結べるようにおもわれるのです。

 

 

 

 

JUGEMテーマ:写真

初夏のかおり6選

  • 2018.05.31 Thursday
  • 16:07

 今月は写真のみ更新です。京都の(といっても、観光名所ではありませんが、だからこそ誰からも消費されず、みずみずしい風景たちだとおもっています)初夏のかおりをお楽しみください。

 

 

ここから夏を始めます、と言っているような。

 

 

今年の夏も謳歌するぞ、と言っているような。

 

 

畑の中のえんどうの花。誰にも注目されないけど、私の夏、京都の夏を楽しみますよ、と言っているような。

 

 

里山を下りて、ちょっと水辺を。人のように、靴など脱がないでよいのです。いつでも川を渡れます。

 

 

夕日は雑草にとってのスポットライト。

 

 

田植え当日の夕暮れ。日本の原風景、早苗田(さなえだ)。なんと美しい言葉でしょう。

 

 

JUGEMテーマ:日記・一般

はなびらと水のあはひの光かな

  • 2018.03.30 Friday
  • 18:57

 はなびらと水のあはひの光かな  眞鍋呉夫

 

 この季節になると、想い出す一句です。

 満開の桜の枝が川面や湖面に伸びて、水に触れるか触れないかで揺れている。風次第で水に触れたり触れなかったり。そんな風景を見るたびにこの句が浮かびます。

 

 

 しかしこの句を、具象的な風景としてだけ味わうのはもったいなくおもいます。

 読み手次第でさまざまな象徴性を喚起されるでしょうし、映像が浮かぶにしても具象画のようであったり抽象画のようであったりするでしょうし、実に多彩な喚起力を秘めた一句とおもわれます。

 一句の感動の焦点は「光」。この「光」が、何と何の「あはひ」にあると想い描くのか、それは「はなびら」と「水」を何の象徴と感じるか次第でしょう。

 きわめて具象的に、水面に伸びた枝先の花びらと水の、その「あはひの光」を想い描くもよし、桜の花びらという薄紅で半透明のものと、水という透明なものとの「あはひの光」として想うもよし、はかなく散る花びらと、永遠性をイメージさせる水の流れとの「あはひの光」でもよし、個的な輪郭を持つ花の命と輪郭の融けた類的な貌を持つ水との「あはひ」でもよし。明晰さと混沌、創造と破壊、生と死、現世の肉体と他界の魂。

 さまざまな二元的対立が重なって見えます。

 多彩な鑑賞が可能な句ですが、ただこの句には、作者が「はなびら」だけを生きているのでもなく、「水」だけを生きているのでもなく、その両方を生きている、という匂いがします。「あはひ」は、どちらでもない場所のことではなく、どちらでもあるような「あはひ」であり「光」ではなかろうかとおもわれます。

 

 たとえるならば、この「あはひの光」を、「はなびら」でもなく「水」でもないと把握するのは、西欧近代的な「分析的」解釈であり、「はなびら」でもあり「水」でもあると感受するのはKJ法的な世界観であろう、とおもわれます。

 

 私たちが何らかの幸福感に浸されるときというのは、想えばこのような「はなびら」と「水」の両方を生きているときかもしれません。

 

二人なのにひとつであるとき。

個なのに類であるとき。

孤独の中に深い充足感をおぼえるとき。

日常なのに非日常を感じるとき。

細部にこだわっているのに全体がきちんと機能しているとき。

離れているのに側にいるとき。

自分一人の想いなのに他者に伝わるとき。

自分の肉体の呼吸が宇宙(コスモス)の呼吸とつながっていると感じるとき。

初めて会ったのに懐かしいとおもうとき。

我を忘れるとき。

他者の視線が気にならないとき。

自分の存在の「意味」に形が与えられたとき。

為すべきことが身体の深奥から迷い無くこみ上げてくるとき。

世界が自分に微笑んでいると感じるとき。

自分の行為や表現に不可視のはからいがやさしく力強く働いていると感じるとき。

めぐり逢うとき。

蘇るとき。

 

 干からびた世界風景を強いられて「水」からはぐれてしまいますと、このような幸福感への飢渇も、ときに病理として暴走しかねないものです。

 そのようなあやうさと背中合わせの〈現在〉ですが、あくまで「はなびら」を生きることで、その「はなびら」の〈生〉を支えてくれている「水」の気配に気づく契機があるならば、そこに命の華やぎとしての「光」が生まれるようにおもわれます。

 

 赤ん坊の目が開き、初めてこの世界の風景に触れるときというのも、その風景はきっとまだこの「水」の気配を半ば可視的なくらい存分にまとった「はなびら」のようなものではなかったかと、眼前の桜を見ながら、記憶の底をまさぐるような気持ちにもなります。

 

 

 

 

 

JUGEMテーマ:日記・一般

JUGEMテーマ:写真

JUGEMテーマ:批評

京の秋5選

  • 2017.10.29 Sunday
  • 23:01

 今月は、写真のみ更新します。

 お楽しみいただければさいわいです。

 

 

少し濃密な色が珍しい萩の花。

 

 

ズームで撮影した比叡山の山肌。

こういう山肌を這う霧の感触を想像するのが大好きです。

 

 

おぼろな満月。妖しさ全開。

 

 

実りの秋。

 

 

なんの変哲もないアスファルトの歩道上のエノコログサですが、秋めいた光と闇の交錯が美しく感じられました。

 

JUGEMテーマ:日記・一般

JUGEMテーマ:地域/ローカル

 

 

 

 

 

「ギャップ萌え」症候群

  • 2017.06.30 Friday
  • 17:28

「ギャップ萌え」という言葉があるようです。

 一人の人物が、両極端な要素を抱え持っていたり、意外な変貌ぶりを見せたりする。そういう人物やドラマのキャラに「萌え」ることを言うようで、ドラマの登場人物の中に、役者さんの日常の素顔に、恋愛を上手に進めるテクニックに、と、いたるところにこの「ギャップ萌え」が求められたり、意識的に演出されたりしているようです。

 もはやステレオタイプ化している「ツンデレ」をはじめ、男性的な人物の中の女性性、悪党の中の良心、大人の中の幼児性、現実主義者の中のロマンティシズム等々がキャラとして設定・演出されたり、人間関係の中で垣間見られることで、「かわいい〜」「萌え」「きゅん死」をそそるというわけです。

 確かに上手く表現されればこれらのギャップの意外性は、「キャラが立つ」し、ドラマも盛り上がるし、現実の人間関係においても花も実ももたらすかもしれません。

 

 そういえば、とわが身を振り返ってみると、私自身も幼い頃から立派な「ギャップ萌え」症候群であったと、ふと気がつきました。

 

 以前も紹介しましたが、「少年少女世界の名作文学」というシリーズに読みふけっていた頃のお気に入りは、『赤毛のアン』や『スペードの女王』、『秘密の花園』、冒険活劇では『怪傑ゾロ』「アルセーヌ・ルパン」シリーズ、『巌窟王』等々。

 大貴族の腰抜けのどら息子、と周囲にも婚約者にも見せかけておいて、仮面をつけた「怪傑ゾロ」が胸のすくような勧善懲悪をやってのけるとか。

 アルセーヌ・ルパンがガニマール警部を手玉にとって秘宝を盗み出しながら、人殺しはせず女には優しい、とか。

『巌窟王(つまり、モンテ・クリスト伯)』の主人公が、無実の罪に陥れられて15年間も牢獄で暮らしながら、同じ牢に居た老司祭から知識と教養と宝のありかを授かり、脱獄後は別人となってかつての仇に復讐を果たしてゆくとか。

『赤毛のアン』のように、ファンタジー体質の主人公が、融通のきかないリアリストたちとの葛藤の中で、リアリストの内に秘められていた意外な衝迫や情愛を引きずり出すとか。

『秘密の花園』で、甘やかされて神経質でわがままで心身ともにこの上なく不健康だった孤児の少女が、ひきとられたお屋敷の「花園」を復活させる秘密を味わうことで、自分と周囲を蘇生させてゆくとか。

『スペードの女王』のように、現実を野心的にのし上がろうとしていた青年が、賭け事の魔力に翻弄されて身を滅ぼすとか。

 

 どうやら幼い頃から、「ギャップ」によって際立つ存在の意外性、人の想定外の振幅が浮上する面白さ・怖さというものに惹きつけられていたようです。つまり、実に立派な「ギャップ萌え」症候群であったと言えそうです。

 今もその症状は相変わらず。

「ギャップ」によって顕わになる人や世界の表情に触れることで、生きる活力が湧いてくると言ってもいいくらいです。

 なにしろKJ法も、異質な(つまりギャップのある)データを統合し、それらの本質に迫ってゆく方法ですし。完成したKJ法図解を見れば、自分や他者の想いもかけない発想や感受性や存在感に出会える、貴重な方法です。ありがたいことに、仕事もまた「ギャップ萌え」症候群の私にとってうってつけだったりするので、「萌え」の種にはこと欠かない生活であるかもしれません。

 

 昨今、このような「ギャップ萌え」に人々が意識的・自覚的になっているというのは、ある意味、人物像や関係における平板さへの抵抗、とも言えましょうが、少々不自然なものも感じないではいられません。

 ドラマのキャラ設定においても、ことさらなギャップの作り込みは、かえって説得力を失くし、ただ「狙っているだけ」という印象を与えるばかりでわびしいもの。

 現実の恋愛においてもわざとギャップを見せるといった計算は、なにやら小賢しい不自然なテクニックと思われます。

 メディアで露出された芸能人の日常に人々が過剰に群がるのも、無性にギャップに渇くせいでしょうか。

 

 平板な世界や平板な人物像が嫌、何かを取り戻したい、そういう気持ちがせり上がるのは無理からぬものがありますが、こまごまとその渇きを癒やすためにむやみに散らかっている「ギャップ」とそれに対する「萌え」には、奇妙に「安心したがっている」においがします。

 つまり、本来の世界の振幅の巨大さを恐れるあまり、日々、微細な「ギャップ萌え」で渇望をこまめに処理しておかないと危ないのではないか、と怖れているようにも見えます。

 そして、日常に豊かに潜んでいる「ギャップ」からは、かえって目をそらしているのではないか、ともおもわれます。

 日々、見慣れた風景や関係の中にも、壮大な「ギャップ」は潜んでいて、私たちに世界の振幅の大きさをきちんと伝えてくれているはずだとおもうのですが、そういう日常から目をそらし、現状を脅かす得体の知れない非日常からも目をそらし、浮足立った「萌え」だけが蔓延しているようにもおもわれます。

 

 表現においても生活においても、なにかしら本来の「幅」を失くしてうろたえているような。

 ここに足を踏んばればいい跳躍ができる、といった拠り所を失くしているような。

 この幅の中でだけ「ギャップ萌え」してね、と何かから強制されてでもいるような。

 なによりも、自分の内から失われた「ギャップ」を、ことさら外部に求めて痙攣的な刺激を消費・享受しようとしているような。

「ギャップ」を成り立たしめている不可知の渾沌にはフタをすることで、「ギャップ」によって世界をかえって狭く規定し直しているような。

 

 ただ分極しているだけ、ただ散らかっているだけ、といった「ギャップ」の深まらなさを超えて、蘇生した世界を見ることができれば、その世界の変容ぶりにはさぞ「萌え」ることだろうとおもわれます。

 

 

 

JUGEMテーマ:日記・一般

JUGEMテーマ:批評

 

〈出逢い直し〉のラビリンス

  • 2017.02.23 Thursday
  • 17:50

 この冬は、ツグミにとてもよく出逢います。

 このツグミには宝ヶ池の梅園で出逢ったのですが、斜め上方へ投げた遠い目と、ややナルシシスティックな立ち姿に、ユーモラスなケレン味を感じてうっとりしてしまいます。

 

 

 ほんとうは、昨年までも身近にたくさん居たのかもしれませんが、昨冬初めてツグミを識別できるようになったので、この冬はしばしば視野に入ってきます。

 見慣れてくると、視野のすみっこでかすかに跳び跳ねる気配がするだけでも、ムクドリでもないし、スズメでもないし、ツグミなのだと気がつくようになりました。ツグミならではのまるまるころころした重量感とリズム、独特の声の艶にも敏感になってきました。

 この冬の私の風景を豊かにしてくれた立役者です。

 

 出逢うというのは、初めてのようで実は初めてではない、という感慨を、この頃よく抱きます。

 初対面だと思っていても、実は私たちの認識を超えたところで出逢った記憶を持ちながら、出逢い直しをしているのだ、という感慨です。

 だから、私がツグミという野鳥の姿に「萌え」てしまうのも、昨冬初めて出逢った時に、出逢い直しをしたせいかと思うのです。

 新鮮だけどとても懐かしい。

 感動を伴う出逢いにおいては、いつも個人史の枠組みや個体の輪郭を超えたところで「既に知っている」という感触に包まれるのを、私はどうすることも出来ませんし、日常的に目にする風景や光や風や水面のざわめきにも、時には誰か懐かしい人の気配が融け込んでいるように感じることもあります。「今、そばに居るな。」といった感触です。

 

 大学での教え子のTさんから以前いただいたメールの中に、印象深いフレーズがありました。

「本当のほんとうは、人は完全に悟っているんだけど、わざとそれらを忘れて、自分の欲しい分量ずつ、思い出しているんじゃないかな、とも想います。」

「本当のほんとうは」「完全に」「わざと」「自分の欲しい分量ずつ」といった修飾語の緻密さが味わい深くて、丁寧に吟味せずにはいられないフレーズです。

 私たちは、この人生で少なからず迷走しますし、少しでも幸せになろうとするなら、試行錯誤しつつ修行を重ねに重ねて、確信は持てないけれども良き方であろうと信ずる方へ進もうと悪戦苦闘するものですが、彼女のこの言葉によるならば、私たちの迷いの姿は表層にすぎなくて、「本当のほんとうは」既に悟っている、それも「完全に」悟っているのだということになります。それなのに、「わざと」その悟りを忘れて、「自分の欲しい分量ずつ」思い出しながら生きているのだと。

 なかなか人生とは面倒なものです。面倒だけれども、今のところ出逢えている自分は本来の自分の氷山の一角に過ぎないのであり、まだまだ思い出していない自分が測り知れないほどあるのだと想うことは、己れにしがらんでいる意識の拘束がふいっとほどけるようで晴れ晴れ致します。

 

「悟り」とは、完全な、あるいは本来の、自分との出逢いであるとするならば、私たちはそれと正しく「出逢い直す」ために、一度わざと全て忘れなければならないのかもしれません。

 この人生の意味は、その「出逢い直し」の道程の豊かさにかかっているのだとすれば、道程を豊かにするために、意識と無意識を総動員し、内省力の限りを尽くして、「自分の欲しい分量ずつ」適切に思い出しながらより完全な「出逢い直し」へと近づいてゆく必要がある。

 時には、適切に「思い出さない」能力も駆使する場合だってあるのかもしれません。これ以上他者や自分の〈闇〉を見てしまうと自分の中の何かが危なくなる、と感じたら、人は全速力でそこから遠ざかることで「出逢い直し」を回避する場合もあります。人によっては、危険と感じてかえって深みにはまってゆく場合もあるでしょう。

 

 人それぞれの本能や叡智で、「自分の欲しい分量」の適切さを測りながら生きることになるのだとおもいますが、私はそのような「思い出し」にかけては貪欲なのかもしれません。初めて出逢った人や風景に、心の中で「よっ、久しぶり」と声をかけていることが多いと感じます。

 だからといって迷走しないというわけではないので、これからもまだまだ遠い本来の自分に、より深く豊かに出逢えるよう、精進して歩んでまいりたいとおもいます。

 

 

 

JUGEMテーマ:批評

JUGEMテーマ:日記・一般

 

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< April 2019 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM