「霧芯館KJ法ワークショップ2018 其ノ二」

  • 2018.12.10 Monday
  • 20:56

 

 12月1日、「霧芯館KJ法ワークショップ2018 其ノ二」を開催いたしました(於:京都テルサ)。

 

 今年のテーマは「〈非常識〉のメルクマール(指標)」。

 夏に開催したワークショップでは、このテーマをめぐって、参加者に数百枚のラベルを提示していただきました。チームごとに「パルス討論」という技法で、効率よくバランスよく、意識的・無意識的に気にかかる事例や想いが掘り出され、今回の冬のワークショップまで「寝かされて」いたラベル達。そこから私がまず、70枚をピックアップし、この日はチームごとにさらに20枚を精選し、「狭義のKJ法」を実践していただきました。

 テーマは「メルクマール」としておりましたが、そこにこだわらず、〈常識〉〈非常識〉をめぐる私たちの気づきや想いが構造化された結果となりました。

 

 チームごとに異質な図解が完成したのですが、どの図解にも、〈常識〉〈非常識〉のあり方を通して、〈現在〉という時代への批判的な認識がくっきりと浮上していました。ことに、確固たる〈常識〉が失われ、人々が異質な〈常識〉を持つ他者への怖さを抱えている状況は顕著で、個々ばらばらの〈常識〉に怯えるゆえか、逆に単なるマジョリティーとしての〈常識〉に内面を収奪されたり、あるいはモラルと責任を欠いた〈非常識〉が不気味な感染力を持つ〈時代〉の姿が鋭利に捉えられているのは印象的でした。そして、他者を損ねることのない揺るぎない〈常識〉の価値への憧れと、社会の枠組みとしての〈常識〉を華麗に生産的に逸脱してみせる〈非常識〉への讃嘆にも、〈現在〉の置かれている状況の息苦しさ・厳しさが表われていたようにおもわれます。今回のテーマにおいても、見事に〈現在〉の本質が突きつめられたのは感慨深いことでした。

 

 創案者である川喜田二郎は、同じラベルを使っても異質な図解が完成することについて、「同じ富士山を違う角度から眺めるようなものだ」と語っていますが、確かに、チームごとに異なる表情をくっきりと浮かべている図解たちを鑑賞することで、奥深い本質に触れる醍醐味は、冬のワークショップならではのものです。

 今回もこの成果は、あらためて「作品・解説集」として参加者にフィードバックする予定です。

 

 紅葉がちょうど見ごろの京都へ、今年も全国から受講者のみなさまにお集まりいただき、熱い集中力で「渾沌をして語らしめる」体験に浸っていただくことができ、安堵のおもいです。

 主催者として、各チームを見回って作業精度を上げるように気配りいたしますが、数分もすれば、初対面も含めた老若男女が、それぞれの内面のひきだしをこれでもかとばかりさらけ出しながらほとんど無礼講で打ち解けてゆかれる様は、毎年のことながら感動するといいましょうか、見ていて頬がゆるむといいましょうか。

 

 KJ法によって創造的な営みを共有したチームに、どなたも懐かしさをおぼえて下さって、また来年も、と笑顔で帰路につかれる。今年もそんなたくさんの笑顔に出会えて心和む一日でした。

 

 

 

JUGEMテーマ:日記・一般

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< January 2019 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM