蓮華療法

  • 2019.05.28 Tuesday
  • 15:24

 KJ法の、方法としての優秀さのひとつに、構造や本質を把握する上での効率の良さが挙げられます。

 それは簡便で安易であるということではまったくなく、人の創造性を〈世界観〉の変容をベースにして活性化させるという意味では、KJ法は実にヘビーな方法です。しかし、〈象徴的な感受〉によって成り立つ方法であるがゆえに、錯綜した渾沌も、多様な質のバラエティーも、一つの本質へと自然に集約させることができます。この方法を真に会得するならば、実に効率の良い問題解決に結びつけることが可能となります。

 

 象徴的に感受することによる効率の良さ。

 KJ法を駆使したわけではありませんが、この春、私の内部で自然に為されたひとつの〈療法〉があります。象徴的な感受が効率良く〈療法〉として機能したと思っています。

 昨秋、ホームセンターの「種」の売り場で衝撃を受けたことが始まりでした。

 さまざまな草花の種に混じって、「蓮華」の種が売られていたのです。

 蓮華を自分で咲かせることができる!

 そんなことで世界がひっくり返りそうな衝撃を受けるのは私くらいかもしれません。

 私にとって、原風景と思われる風景を挙げろと言われたら、迷うことなく「一面に広がる蓮華畑」と答えるでしょう。

 3歳頃の記憶かと思うのですが、春先に窓の外に広がる薄紫の蓮華畑が、幼い目にどれほど広々と果てしなく見えたことか。

 その風景は、その頃のなにがしかのトラウマ、おそらくは守りたいものとそれを壊される恐怖とのはざまで行き場を失った思い、珍しくもないけれども幼い心にとっての一大危機の衝撃を、やわらかく吸い寄せたのかと思われます。

 トラウマというものは、同一の型が幾多のバリエーションをとって、人生の中で繰り返し噴き出してくるやっかいな代物ですが、傷と癒しのセット体験があったこと、そしてそのセットとなった癒しがまずまず無難な風景であったことは、私の最大の幸運のひとつではなかったかと、今は考えています。

 セット体験が得られなかったら、恐ろしいことになっていたかもしれません。セット体験が歪んだ嗜好に走っていたりするとそれはそれでとんでもないことであったでしょう。理想的なセットであったかどうかはともかく、私の原風景として、この果てしなさ、〈無辺〉を象徴する蓮華畑は必要不可欠なものであったようです。

 

 その原風景を、箱庭的に作れるかもしれない。

 ホームセンターの種売り場で、私は小さな種の袋を一つ、がっつりつかんでいました。

 いそいそと古びたプランター二つを蓮華の種に占領させ、春を待ちました。

 この近辺で、田んぼがお休みの頃に、ある程度の広さで蓮華畑は出現します。

 

 

 でも、記憶の中のあの〈無辺〉を想わせる広さはなく、どことなく欲求不満な春を繰り返し味わってきました。それをプランター二つで超えられるわけもないのはよくわかっていたのですが、小さな花の可憐さを、誰に怪しまれることもなくまじまじと見つめて味わいたくて、首を長くして春を待ちました。

 なにやら細々と柔らかげで雑草的な芽が出て葉っぱが増えて、ここに蓮華が満開になったらとおもうと、そわそわしてたまりませんでした。

 4月。

 近所の田んぼの畦ではぽちぽちと咲き始めているのですが、我が家のプランターではまだ緑一色のやわやわとした状態。咲くのか、咲かないのか。つぼみはどこ? ただの雑草がもしゃもしゃしているようにしか見えなくて気をもむことといったら。

 ようやく最初の一輪が咲いたのは、4月も下旬にさしかかろうという頃。

 こんなにまじまじと飽くことなくこの花を見たのは初めてのことでした。

 

 

 記憶の中の〈無辺〉バージョンの蓮華畑の美しさもさることながら、間近に見る一輪の生々しい蓮華の姿にも感動しました。

 ふと、その瞬間、私の記憶の中の〈無辺〉は本当に〈無辺〉だったのだろうか、幼い私の表現し難い〈傷〉の感触が〈無辺〉という規模を求めていただけではなかったのだろうか。そんな〈相対化〉の想いが湧き上がってきました。

 一輪の蓮華が、つんのめるように〈無辺〉を求めようとする私の中のある種の危うさをほどいた瞬間であったかとおもわれます。

 一輪の蓮華を象徴的に感受することで、トラウマへの効率の良い〈療法〉として機能した瞬間。

 もちろん、〈無辺〉を想わせる風景に今も魅かれてやみませんが、なにか、ひょっくり憑き物がとれたような、不思議な感触を得た気がいたします。

 幼い頃の原風景が幻想に過ぎないからと無意味になったわけでもなく、その風景が私の中に根を下ろしていることの意味が更新され、明確な居場所を得た、ということなのかもしれません。

 

 自分の弱さや愚かさとつき合うのは難しいものです。それらをがむしゃらに排除しようとすることが過ちを生むこともあります。

 シンボリックに居場所を与える、そんなお付き合いが、弱さをお守りに変えることもあるようで、〈象徴〉という機能はあなどれない。

 薄紫でしぶとくてあたたかな想いを味わいながら、季節は青々と進みます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

JUGEMテーマ:日記・一般

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM