〈気〉のメッセージ

  • 2020.04.29 Wednesday
  • 16:23

 

 新緑の季節が訪れようとしています。

 霧芯館の近くの里山では、樹々がみずみずしく芽吹き、風が渡り、ウグイスが鳴き誇っています。そこに染み渡っているメッセージには、微塵も暗い影や邪気というものがありません。その〈気〉のメッセージというものに、私は日々、支えられているようにおもいます。

 

 もし、今、この状況下において、なんらかの〈悪〉の意思というものがあるなら、それは、何をもくろむでしょうか?

「もう世界は終わってしまう」「これは世界の崩壊の兆しなのではないか」「もうだめだ」「あの人が駄目だったとは、なんて怖い状況なのだろう」「世界は生き延びられないに違いない」「これほど深刻な状況はかつてなかった」「誰も体験したことのない恐怖の風景が待ち構えている」そんなメッセージを人々の魂に刷り込んでゆけばいい。特に、誰もが心の支えにしていたような人物の悲惨な姿、絶望の風景、そういうものを通して、シンボリックに刷り込むのが効果的であるはず。あるいは、深刻な状況の具体的な描写に満ちた情報をまき散らして、人々の想像力を陰惨に駆使させるようにすればいい。

 そういう〈悪〉の意思こそが、今、世界を席巻しようともくろんでいるのだとしたら、私たちは、本質的に何をどう闘えばよいのでしょうか。

〈悪〉の意思は、なによりも、人々の想像力を悪しき方向へ導き、神経をいたずらに消耗・疲弊させ、心身の免疫力を低下させることをもくろむはずでしょう。

 一人ひとりが今、世界に対してできる最大の貢献があるとするならば、自身の〈気〉を弱めないことであろうとおもわれます。自身の免疫力を低下させないため、そして、身近な人々を守り、世界の〈気〉を晴朗に保つため。個々人の最大の責任のありかは、そこであろうと。

 医療現場の方々の日々の奮闘に感謝し、ご無事を祈りつつ、個々人にできる闘いの場所を明確にすることは、これから向かう世界の価値観の大いなる転生のためにも、必須のことであろうと思います。

 それぞれが魂をのびやかに呼吸させ、晴れ晴れとした〈気〉を巡らせること。かなしみに満ちた世界風景によって魂を疲弊させ、邪気に巻き込まれてしまわぬこと。

 どうか、お一人ずつ、お健やかな〈気〉を保たれますように。世界が良き方へ導かれますように。

 

 

川喜田晶子インスタグラムはこちら→https://www.instagram.com/akiko_mist/?hl=ja

インスタで、「#表現をとめるな」というタグを作ってみました。→https://www.instagram.com/explore/tags/%E8%A1%A8%E7%8F%BE%E3%82%92%E3%81%A8%E3%82%81%E3%82%8B%E3%81%AA/?hl=ja

充実したギャラリーとなっています。ご高覧いただければさいわいです。

 

JUGEMテーマ:日記・一般

 

 

 

 

 

 

 

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM