天上と地上

  • 2014.11.29 Saturday
  • 22:43



「詩を描(えが)く」という授業も後期後半を迎えました。
 アートやデザインにおける〈表現〉を志す学生たちの感性が、言葉として開花する様を目の当たりにし、毎週鋭い興奮をおぼえます。
 鋭い、というのは、彼らの無意識の〈痛み〉を感じずに済まされることが無いからです。
 毎週提出される詩作品に表れた内面の、およそ逃げ場の無い息苦しさ、生き難さは極限的なものがあります。
 にもかかわらず、それらをごまかさない強さ、他者に向けるのと同じ刃を己れ自身に向けるハラのすわりには、毅然としたものがあることに感嘆いたします。
 
 彼らの作品と、そこからイメージされるテーマと近しい近現代の優れた詩歌の解説で成り立つ授業ですが、ときには近年の歌謡曲やアニメーションを論じることもあります。
 中島みゆきの楽曲によって学生の作品のテーマ性の振幅を身体的・情感的に押しひろげてみたり。
 庵野秀明の『新世紀エヴァンゲリオン』のテーマと文字通り〈シンクロ〉させることで明治以降の表現史の本質をなぞってみたり。
 ことに、『エヴァ』における「ATフィールド」と「人類補完計画」のイメージは、近現代史のアポリアを象徴的に把握する上でとても効果的な喩として機能します。
 自他の境界として作用し、神経症的な異和感が強靭な武器として効力を発する「ATフィールド」によって、『エヴァ』の主人公たちは「使徒」と呼ばれる敵と戦うのですが、彼らがこの武器を駆使して闘いながらエヴァというロボットとともに「覚醒」することは、実は「人類補完計画」の一環として、すべての人と人との境界を融かし去ってスープのようにしてしまうプログラムに組み込まれている。この奇異な設定は、人という存在が、個でありたいと願うと同時に、その孤独に耐えきれず、他者と融合し尽くしたいと願う存在でもあるというジレンマを、シンプルに象徴しています。
 まさに「ATフィールド」的な、神経症的で地上的な「個」への徹底した分断の歴史が、昭和初期のウルトラナショナリズムの狂気(「人類補完計画」的な)を生み出したことを想起するならば、『エヴァ』のテーマが近代精神史の本質を深く穿ったものであることが理解されます。地上的な「個」への分断が昂進すればするほどに、天上的な「類」的一体化への観念的な幻想もまた昂進したのであり、近代史のプロセスが、このような逆説の内に、実はおよそ全うな「個」も「共同性」も築き得なかったことを再認識させられます。

 天上と地上の分極は、戦後もまた繰り返されます。
 高度経済成長を成し遂げるとともに、再びその分極のきしみが大衆的な規模で生じ始めたとき、中島みゆきが登場して人々の深層の渇きを掬い上げ、暗い鬱屈を歌い始めます。
 
1970年代から現在に至るまで、彼女の作品の豊かな抒情の本質は、この天上と地上の分極とその超克のドラマの、潮(うしお)のような解放であり、情念的な身体の稀有なスケールに支えられてそれが成し続けられているのだと言うことも出来ましょう。

 学生たちもまた、「ATフィールド」的な自意識と不条理感をもてあましていますが、彼らの作品には、他者に「伝わる」という楽観的な「信」が欠落しているのを感じます。いきおい表現は複雑に屈折し、精緻な言葉の斡旋によって、解放感よりは閉塞感をのみ強く訴えかけてきます。
 それでも、その閉塞感の高精度な表現の果てに、私はなにかが形を成すのではないかと信じたい気がいたします。というのも、その閉塞感の中に溺れて嬉々としている表現ではないからです。己れの場所が、本来的な場所からはるかにかけ離れたものであることを痛み、生の絶対感の希薄さを苦しむ、鋭利で正確な感受性と認識がうかがえるからです。
 そういう正確な「刃」を言葉として発するとき、彼らは一様にとても激しい。
 一見クールな言葉の端々に、痛みとともに自他に振るう刃の痕がとても鋭く刻まれている。
 この世界のあたたかさをあきらめずにまさぐり続け、固有の痛みや苦しみを、普遍的な地平に解き放つための〈身体〉を粘り強く鍛えてゆくことで、
いつか、彼らが「麦の唄」(中島みゆき・最新シングル)の歌詞のように、凛々しくて情感あふれる「一本の麦」に育つであろうことを、信じてみたいとおもうのです。



JUGEMテーマ:日記・一般
JUGEMテーマ:教育



 

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM