自分というフィールド

  • 2011.03.01 Tuesday
  • 23:41
 問題解決において、KJ法を累積的に活用すると有効な場合があります。
 川喜田二郎は、「6ラウンド累積KJ法」という形で、その姿勢転換のステップを提示しました。
 問題提起、状況把握、本質追求、構想計画、具体策、手順化。
 どんな問題でも必ずこの6ラウンドを累積させなければならないというわけではなく、問題が複雑であったり、グループでの合意形成を段階的に明晰に確認しながらプロジェクトを進めなければならないときなどには、この6ラウンドのことさらな姿勢転換によって、問題解決への推進力が格段に増す、という主張なのです。

 どのラウンドも重要なのですが、最初のラウンドとして「問題提起ラウンド」が設定されていることに、私はいつもKJ法ならではの深みを感じます。

 このラウンドでは、自分の内面への探検を行います。
 自分はいったい何を探求したいのか、何が気にかかっているのか、自分自身のなぜだかわからない気がかりというものを掘り起こして明晰にするラウンドです。
 このラウンドを踏まえてこそ、次の「状況把握」や「本質追求」が適確になされ、「構想計画」以降の解決へのステップも実り多くブレのないものとなるわけです。

「自分の気がかりくらい自分でわかっている」と思われるかもしれませんが、はたして自分とはそんなに自分にとって明晰なものでしょうか。
 KJ法の多彩な技法の内には、理知で把握し得る明晰さというものへの根底的な問い直しが随所にはらまれています。
「問題提起ラウンド」を問題解決の最初のステップとして設定するのも、そんなKJ法的まなざしに由ると言えるでしょう。

 児童文学作家である浜たかやの作品に、『月の巫女』(1991年 偕成社刊)という長編ファンタジーがあります。
 文化人類学や神話学の該博な知識が融かし込まれ、ダイナミックな文明論的視野をはらむ、壮大な傑作ファンタジーなのですが、その中で、混沌とした女性原理、非合理的な〈闇〉や〈水〉を象徴する登場人物が、男性原理のみで一つの王国を支え続けたことの〈ツケ〉を背負わされて暴走する〈王〉と、次のようなやりとりをする場面があります。

「〈デイーの舌〉、わしがなんのためにここへきたか知っていような。」〈デイーの舌〉はこたえなかった。ふかい目でザトガルをみつめたままぎゃくにききかえした。「そなたは知っているのですか、ユルンの王?」

〈闇〉や〈水〉の横溢する世界にはからずも激しく吸引され、自らの治める王国を崩壊へと導く道をユルンの王ザトガルはひた走っているのですが、己れの累積した〈渇き〉や〈疲労〉の本質に対して無自覚なザトガルと、彼を通して顕われる世界の再生への奔流を見つめる巫女〈デイーの舌〉のふかいまなざしとの対比が鮮やかに象徴的な場面です。
 浜たかやの作品には、自分で自分のことがわからないというもどかしさや不安や畏怖の念を世界認識の根底に据えるべきだという、深い憤りが通底しており、人間や世界の振幅のみすぼらしさに知らず知らず馴れきってしまった私たちのまなざしを根底から揺るがすパワーにみちています。

 川喜田二郎の提唱した「野外科学」の精神において、「野外」という概念は場所の概念ではありません。自身の内面もまた、〈探検〉すべき一つの渾沌としたフィールドであるとみなすことのできる開放的な〈態度〉の概念なのであり、そこでは、「自分のことは自分がいちばんよくわかっている」といった「悪ざとり」をまず徹底して排する必要があります。
 KJ法は、自分自身をも含めたあらゆる渾沌への畏怖をとり戻す方法である、とも言えるかもしれません。






JUGEMテーマ:日記・一般
 

絶対感とKJ法

  • 2010.11.23 Tuesday
  • 23:27
 成安造形大学(滋賀県)で、学生さんたちのKJ法作品の発表会をおこなったときのことです。
 8月に集中講義を通してKJ法の基礎を学んでもらい、フィールドワークで体感した里山(仰木地区)について、各自KJ法図解を完成して発表会となったのが9月の初め。
 個々の作品についてコメントして後、総評、というよりは、フィールドワークの指導を担当された住環境デザインの先生もまじえてよもやま話のようなやわらかい時間となりました。
 滋賀県は琵琶湖をとり巻いてフィールドワークにもってこいの場所がたくさんあるという話題につられ、私がふっと「ここは自分のための場所だ、って思える場所に出会えるといいよね。」とつぶやきますと、学生さんたちのあいだから、羨望とも渇きとも憧憬ともつかぬ、霧のような気配が立ちのぼった気がいたしました。
 生身の人間を相手どって仕事をしたり表現をしたりしている人なら、無言のこのような身体言語を感じとって、癒されたり傷ついたりしたことがあるはずです。
 この日、言葉が相手のみぞおちにすうっと沁み込んでゆくような感触とともに、霧のように立ちのぼった気配は、とても切なくてみずみずしく、痛々しくて激しい渇望のオーラだったようにおもわれます。

 谷川健一著『日本の神々』(岩波新書 1999年刊)によれば、沖縄でユタと呼ばれる巫女は、一人前の巫女になるための「神ダーリ」という試練の期間を経るそうです。
 彼女たちはこの期間に、「チヂ」と呼ばれる自分の守護神を発見しなければならず、それができないのは死を意味するのだとか。
 家庭の不和や病気や貧困に直面させられ、精神的な疲労と錯乱とに追い込まれ、神の言葉と邪神のささやきとをとりちがえて自死に至る者もいるなど、「神ダーリ」の過酷さと危険さは、イニシエーションとして極限的であるようです。
 このイニシエーションが印象深いのは、一人前の巫女になる〈自立〉の条件として〈絶対感〉の発見が課されていることを、他所ごとでなく象徴的に感じさせられるからでしょうか。
 他の誰のでもない、自分の守護神と出会えるかどうか。間違えても死、発見できなくても死、とは過酷です。
 そのような過酷な試練によって見出されねばならない〈絶対感〉のイメージは、一見鋭く研ぎ澄まされた非日常的なもののようにおもわれますが、同時に私たちの日常と無縁なものではないのだ、とも感じます。
 ひとたび〈絶対感〉に強く支えられた日常をイメージするやいなや、それまでの日常が索漠とした〈死〉のイメージとして感受されるとするなら、あるいは逆に、〈絶対感〉とはどういうものなのか、イメージすることさえ出来ずに生きようとするなら、私たちもまた、沖縄のユタと同じ過酷さにさらされているとも言えそうです。
〈絶対感〉と出会うとは、それがポトリと天から降ってくるのをただ無意味に待ち受けることでもなく、強引な一人よがりの決めつけによって自分の人生を律しようとすることでもなく、私たちが日々、地道に積み重ねるべきものの質と、深いかかわりをもつ体験のように、私にはおもわれます。
 たとえば、絵画という一生の仕事と出会えている人もまた、自身にとって絶対感のある作品を生み出すために、地道な修練や試行錯誤を積み重ねているわけで、満足な作品イメージへの接近を、50パーセントから70パーセントへ、70パーセントから90パーセントへ、90パーセントから95パーセントへ・・・と果てしなくせり上げてゆく努力の果てに、突如、ずっと前からすぐそばにたたずんでいた100パーセントの実現の仕方に気づく、といった具合に、すぐれた表現者は己れの作品と出会います。とても新鮮に、しかもなつかしく。

 芸術の本質も、自立の本質も、そしてKJ法の本質も、実はこのような堅固な非日常性と、みずみずしくスリリングに感受されるべき日常性とのあわいにはらまれていて、ともすれば〈絶対感〉からはぐれがちな私たちは、〈絶対感〉に満ちあふれた作品や人やイメージの前で、身体から霧のような憧憬を立ちのぼらせたりします。
 それもひとつの〈絶対感〉であり、〈縁(えにし)〉という和風の概念は、この〈絶対感〉の連鎖のことととらえられましょうか。

 KJ法を求める方々とのよき〈縁〉を、そしてKJ法に出会った方々のよき〈自立〉を、いつも祈念しています。





JUGEMテーマ:日記・一般
 

KJ法のリアリティー

  • 2010.07.31 Saturday
  • 23:53
 宮崎アニメ『となりのトトロ』は、すでに12回ばかりテレビ放映されたそうですが、毎回のように視聴率は20%を超えているとか。
 1988年の作品ですが、今もって子どもから大人までこの作品にリアリティーを強く感じることができるというのは、なにか胸のあたたかくなるイメージです。
 自然、環境、絆、などといった大ぶりで口当たりのよいテーマ性がそのリアリティーを支えているのではなく、ささやかなシーンの演出のみごとさが、私たちの皮膚の上にもざわめく風や雨、夜の闇やトトロのおなかの弾力と温かさの感触をぞくぞくと励起して、たしかな解放感を与えてくれます。
 不気味なもの、異形の存在も宮崎アニメには欠かせませんが、彼らもまた非常にリアルで、ナウシカに「森へお帰り」と言われると、誰もが自身の内なる腐海の蟲たちのような異形性に居場所を与えてやれたような気がしたり、ラピュタのロボットがたたき潰されると、自分の中の説明のつかないしこりが悲痛なうめき声をあげるかのようです。
 繊細な演出を通して、光と闇の巨きな振幅が身体的に解放されるときの、いくつかの宮崎作品のリアリティーには、観念的でない説得力が充ちています。

 さて、KJ法が川喜田二郎によって生み出されて、こちらはかれこれ60年。(父も『トトロ』が好きでした。)
 人がこの方法にリアリティーを感じるための大切な条件とはなんでしょうか。
 国語力・・・無いよりあったほうがマシという程度。知識量、教養・・・といったものはむしろ邪魔なことさえあります。
 それよりも大切なのは、解決しなければならない現実というものを、〈渾沌〉として感じる能力だと私にはおもわれます。
 現実を明晰に合理的に認識・把握できていると思う人には、KJ法はまだるっこしいものに見えるでしょう。
 あるテーマについて、データの数が多すぎてお手上げであったり、たいした数ではないけれどもそれらの内容がてんでバラバラでどうとらえてよいものやらわからなかったり。そもそもどんなデータを集めてくればよいのかさえわからなかったり。あるいは他人はひどく明晰にその問題を説明するけれども、自分はどうしてももやもやとして腑に落ちないひっかかりを感じたり。なんとなくいろいろなことが気にかかるけれどもその根拠を説明することはできなかったり。
 まずは現実とは得体の知れない〈渾沌〉だと感じるこのような能力こそが、非合理的な〈無意識〉をもフルに駆使するKJ法のリアリティーを支えます。

 現実が明晰であるということは必ずしもリアリティーを保証せず、むしろ渾沌として曖昧であるということへの素直な感受こそが私たちを本当の意味での現実にきちんと着地させてくれるという逆説を、KJ法は鋭く体現しているのだということができます。

 すぐれた方法も、すぐれた芸術作品も、そのリアリティーが永続的であるとき、このような逆説的ともみえるまなざしを、どこかで内包していることが多いのではないでしょうか。






JUGEMテーマ:日記・一般
 

〈神隠し〉の奪回

  • 2009.06.13 Saturday
  • 11:49
 『神隠しと日本人』(小松和彦著 角川書店刊)には、近代社会から失われた〈神隠し〉のさまざまなかたちが描かれています。
 前近代的社会においては、人の失踪や迷子がしばしば〈神隠し〉として扱われたのであり、そのような社会のもつやさしさを、著者は掬い上げようとしています。
「どうやら、私たちは現代的装いをまとった『神隠し』を創造する必要がありそうである。」
つまり、社会的存在としての自分を一時的に死んだものとすることができる時空の存在。そしてそこから生還したときには、〈神隠し〉という一語によって、とやかく〈空白〉を詮索されることなく社会復帰できるようなシステム。
 この書に溢れている著者の〈神隠し願望〉には、そういう社会システムへの甘い柔らかな夢が込められています。
 近代化とは、確かにそのような柔軟性を社会が喪失してゆく過程でもあったでしょう。
 現代社会のネジは固く締められて揺るぎようもなく、幼い頃から冷ややかなシステムとして世界を感受してしまう今の子どもたちは、〈神隠し〉にあうことはおろか、見つけてもらえなかったらとおもうと恐くて〈かくれんぼ〉もできないありさまであるとの記事を読んだことがあります。確実に見つけてもらえるように、隠れながらも携帯で連絡を取り合うのだとか。

 この硬直性に似た感触を、KJ法を伝えるときに味わうことがあります。
 理屈ではなく、「なんとなく気にかかる」を大切にする。合理的な判断基準を設定してラベルをピックアップしない。こういった留意点によって気が楽になるのではなく、みるみる硬直する方がいらっしゃいます。あてにならない〈かくれんぼ〉をさせられているような気がするのでしょうか。
 私たちの身体にしみ込んだ論理優位、因果律優位のものの見方の強固さ、渾沌とした状態に己れを解き放つことへの不安の強さは、近年一層強まっているようです。

〈渾沌〉を相手どるKJ法の営為は、現代の個々人の内面的な〈神隠し〉の奪回ともいえる、本質的な体験をはらんでいるようにおもわれます。
 それは、効率・論理・機能性が優先されてがちがちに固まった身体を〈渾沌〉の中でほぐしながら、意識と無意識をフルに駆使する創造的な営為によって確実に〈生還〉する〈神隠し〉ともいえそうです。そこで駆使された無意識が、本人にとっても絶対的に新鮮に明晰なものとしてたち顕われてくるところに、この方法の堅固な非日常性があり、スリリングな日常性があるという気がします。
 一時的な逃避からの〈復帰〉ではなく、ヴァージョンアップした身体の感触。〈渾沌〉に対してもはや不安ではなく、みずみずしい信頼感をもつことのできるまなざし。
 そういうまっとうなKJ法体験を、一人でも多くの方に味わっていただきたいと願っています。

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM